映画「ゴッホとヘレーネの森 クレラー=ミュラー美術館の至宝」公式サイト » Museum

クレラー・ミュラー美術館
(デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内)

クレラ=ミュラー美術館は5500haの広大な敷地が広がるデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内にある。園内にはヒースの平原、草地、砂地、森があり、鹿や野生のヒツジ、イノシシなどが生息している。美術館の開館は1938年。クレラ=ミュラー夫妻が集めた美術品を展示するために設立され、ファン・ゴッホの作品群はゴッホ美術館に次ぐ最多の所蔵数。ゴッホ以外にもピカソ、ジョルジュ・スーラ、ルーカス・クラナッハなどあらゆる時代の画家たちの傑作群もある。また、この美術館のもうひとつの目玉はロダンやムーアなどの彫刻が野外に設置された彫刻庭園。美術館近くには、かつてへレーネの夫アントンが狩りの際に過ごした狩猟用ロッジ「ヤストハウス・セント・フーベルトゥス」があり、へレーネがゴッホを思い過ごした小さなベッドが残されている。美術館観賞公園散策も含め1日がかりで訪れたい場所と国内外の人気を集めている。

〔開館時間〕
火曜日〜日曜日および祝日*: 10:00〜17:00
(彫刻庭園は10:00〜16:30)

〔閉館日〕
月曜日および1月1日など

〔入場料〕
大人19.90ユーロ

〔住所〕
Houtkampweg 6 6731 AW Otterlo

〔アクセス〕
国鉄アムステルダム中央駅からアムステルダム-ズトフェン線でアペルドールン駅下車、バス108番→106番に乗り換え美術館前停留所で下車。またはアムステルダム-エルテン線でエーデ・ワーゲニンゲン駅下車、バス106番乗り換え美術館前停留所で下車。公園入り口で下車し、美術館まで徒歩、または無料の自転車で散策するのも楽しい。車内で公園と美術館のコンビチケットが購入できる。